初めて診療を受ける方へ

<鍼灸治療を受けられたことのない方へ>

「痛くない・熱くない」
針治療は痛い、灸治療は熱い、といったイメージをお持ちの方も多いと思われま す。しかし、当院での針治療は髪の毛ほどの太さの針を使用しており、また、浅 く刺し込みますので、痛みを伴うことはありません。灸に関しましても、患者さ んが少し熱いと思われた時点で合図をしていただき、灸を除去するといった方法 で治療致します。火傷を伴うようなこともありません。

「様々な症状に効く」
鍼灸治療は肩凝り、腰痛、関節痛、神経痛などは勿論、胃痛や頭痛、痔、ものも らい、吹き出物など様々な症状にも効果的です。詳しくは、こちらをご覧下され ばお分かりいただけるかと思われますが、それでも全ての症状を列挙し切れませ んので、その他症状に関しましては一度当院へご相談下さい。

「若い人も是非」
「鍼灸治療」と聞くと、お年を召された方々が治療を受けるものだとお思いの方 も多いと思われます。その為、「若者にとって鍼灸院は近寄り難い場所」という イメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。しかし、前述の通り、鍼灸 治療は様々な症状に効果的ですので、当然のことながら、若い方々のお体のお悩 みにも対応できます。また、当院では小児はりも行っておりますので、小さなお 子様を含め、若い方々も是非ご利用ください。

「女性の方もお気軽に」
当院は女性の院長が治療を行っておりますので、女性の方も安心して治療を受け ていただくことが出来ます。

「ご相談大歓迎」
治療に関するご相談、お体に関するご相談などには無料で応じさせていただいて おります。ご相談のみをされたい方も、お電話・E-Mail、又は直接のご来院によ り、お気軽にご相談ください。

<保険治療をご希望の方へ>
当院ではこれまで実費治療のみを行って参りましたが、各種保険の適用が可能となりました。
以下、利用できる保険を3つに分けてご説明します。
1)保険証のみで適用される保険  
・国民保険(ただし松国保)   月10回まで  
・市町村共済組合保険       月10回まで  
・自賠責保険(交通事故の場合のみ)     
2)保険証に加え医師による同意書が必要な保険  
・社会保険                      
・松国保以外の国保
3)保険証に加え医師による診断書が必要な保険  
・労災保険

※ これら保険のうち、松国保のみは初診より「受付にて保険が適用された金額」で診療を受けられますが、それ以外は一度「こちらで準備した書類を所定の医院  に持参して頂く」必要があります。それにより医師の同意を受けられますので、  以降の鍼灸治療は受付にて、「保険の適用された金額」で治療を受けられます。
また実費による治療も、これまで通りおこなっておりますので「同意書を貰うのが面倒」「週一回の診療だから自由診療でも構わない」という方はこちらをお勧めします。
また当院ではマッサージ・指圧等の手技療法、及び電気治療は行っておりませ んのでご了承ください。

<同意書を必要とされる方へ>
1)鍼灸治療を受ける前に鍼灸の保険治療には、一部を除いて医師による同意書が必要になります。 つまりあらかじめこちらで準備した①同意交付依頼書②同意書を、各人で医 院に持参して医師の診察を受けて頂かなければなりません。文字通り医師に 鍼灸の治療を「同意」してもらうわけですが、これにはいくつかの注意点が あります。
① 現在その疾患で整形外科に掛かっていないこと~掛かっている場合は保険を使った鍼灸治療は禁止されています。
② 医師による同意又は診断の日の翌日からほぼ10日以内に施術を開始しなければいけません。また同意書の有効期限は初療の日から3ヶ月です。
継続する場合は、医師による再同意が必要となります。同意書はこちらでいったんお預かりし、療養費申請の際にお返ししますので、 後日来院の際にご持参ください。

2)鍼灸治療を受けたら
松国保以外の方は、こちらで発行した
①療養費支払い申請書
②(ある場合は) 預かっていた同意書
③当院発行の領収書を各保険組合に提出して頂かなければ なりません。
申請は1~3ヶ月分をまとめて行うことになります。まとめるほど立て替え額 が大きくなりますから、ご都合の良い精算方法(1ヶ月単位~3ヶ月単位)を 遠慮なくお申し出ください。  療養費は後日、組合よりご本人の口座に直接振り込まれます。